流行・話題etcのblog

流行している、しそうな事や物などの記事を載せていきます。 また、世界や国内で話題になっていることなどをを載せていきます。


    image:秒刊SUNDAY

    日本人に馴染みの深いファストフードの1つとして、マクドナルドがあると思います。お子さんから大人まで大好きなマクドナルドですが、日本マクドナルド創業50周年を記念したウェブサイトが公開され、懐かしい画像や歴史がみられます。昭和時代の懐かしい記憶を辿りながら筆者マギーも楽しくサイトを見ていましたが、子供の頃に大好きだったあの事実が載っていないではありませんか!もしやなかった事になってしまい、公式さんから黒歴史化されてしまっているかもしれません。

    日本マクドナルドが創業50周年!

    image:秒刊SUNDAY

    1971年会社が設立され、現在の日本マクドナルドホールディングス株式会社となり創業50周年を迎えました。

    50周年記念サイトでマクドナルドの歴史を見る事ができ、ハンバーガーフライドポテトS、ドリンクの3点セット390円で販売する『サンキューセット』や、ライスメニューマックチャオ』など懐かしいメニュー思い出すことができます。

    ここで気になったのが、アノ存在です。

    image:PIXABAY

    マクドナルドキャラクターといえば、真っ白な顔に真っ赤な唇の『ドナルド』です。

    しかし過去にはドナルド以外のキャラクターが存在しており、彼らの存在もてっきり50年史に刻まれているのかと思いましたが、記載がされておらずまるで最初からいなかったかのような扱いになってしまっているのです。

    黒歴史認定か、消されたキャラクター

    https://platform.twitter.com/widgets.js

    昭和の時代に存在していたドナルド以外のキャラクターですが、いつの間にやら世間から姿を消してしまい、今では日本マクドナルド創業50周年を記念したウェブサイトにも乗ることすらできない存在となってしまいました。

    しかし、まったく触れられていないというわけでもありませんでした。

    『Mから生まれた50のハッピー』のページにハッピーセットについて記載されている部分があるのですが、サラッと流すように触れられているだけで、触られたくない雰囲気がプンプンしているのです。

    販売当初のおもちゃマクドナルドオリジナルキャラクターメインでしたが、次第に様々なキャラクターコラボレーションしたおもちゃも登場。

    引用:M BIG SMILE 50

    マクドナルドキャラクターどっか行ったな、消えた」「いつの間にかに消えたマクドナルドキャラクター」「公式からも消されたキャラクターは今どこに行ったのか」「キャラクターの存在自体が公式から黒歴史認定されてそう」と、話題になっていました。

    どうやらオリジナルキャラクターの存在が公式から消され、黒歴史化されてしまっているような雰囲気が醸し出されていますが、現在はオリジナルキャラクターではなく様々なキャラクターコラボレーションしたおもちゃハッピーセットに登場しており、鬼滅の刃とのコラボも話題になりました。

    source: マクドナルド



    画像が見られない場合はこちら
    マクドナルドが社史を発表、消されてしまった黒歴史の存在が明らかに


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【マクドナルドが社史を発表、消されてしまった黒歴史の存在が明らかに】の続きを読む


     「ファイナルファンタジーVII」序盤の舞台「ミッドガル」が、埼玉県で観測されまし……た?

    【画像】「完全にミッドガル」と話題の光景

     もちろんゲームの世界が顕現したわけではなく、写真は秩父の夜景。青信号の光に染まった濃霧が工場を包み、魔晄(まこう)が町に満ちあふれたかのような光景を作り出しています。

     異世界風の幻想的な写真はTwitterで好評を博し、「リアル魔晄炉」「魔晄の光に近づきすぎてはいけない」「アバランチが暴れていそう」など、FFファンから多くのリプライが寄せられました。

     撮影者のねぼすけさんは、秩父雲海との出会いをきっかけに風景写真を始めたという探険写真家。Instagramや個人サイトでも、雄大な作品を披露しています。

    この光が星の生命……?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【FF7の「ミッドガル」は埼玉だった!? 工場×濃霧×信号の光=「リアル魔晄都市」な光景が誕生】の続きを読む


    主に若者の間やネットで使われる、『パーリーピーポー』。略して『パリピ』。

    そのめでたい名称の通り、クラブ音楽フェスハロウィンなどの賑やかな場を好み、いつも楽しそうに「ウェイウェイ」といいながら盛り上がっている人を指します。

    いい意味でいえば賑やか、悪い意味でいえば騒がしく、やたらと目立つ彼らですが、愛知県江南市で圧倒的な存在感を放つパリピが目撃されたのだとか。

    あの大仏様が『パリピ』に!?

    話題のパリピを撮影したのは、写真家として活動する_deepsky@_deepskyy)さん。

    目撃したパリピは、そこらのパリピとは比べ物にならないほどの存在感を放ち、華やかな雰囲気をまとっていたのだとか。

    投稿された、2枚の写真をご覧ください。

    美しく咲き誇る桜の中にたたずむのは、派手なサングラスをかけたパリピ…に見える大仏!

    心なしか、普段よりも笑顔になっているように見えます。春の訪れを感じ、大仏も心が弾んでいるのかもしれません。

    この大仏は『布袋の大仏』という愛称で親しまれています。角度を調整して踏切警報機と一緒に撮影すると、サングラスをかけているように見えるのです。

    見ているだけで、なんだかこちらまでテンションが上がってきそうな『パリピ大仏』。投稿は拡散され、多くの人がつられて笑顔になったようです!

    ・本当に大仏がサングラスをかけているのかと思っちゃった。すごい

    ・踏切警報機が点滅し始めたら、さらにパリピ感が増しそう!

    ・だんだんと、大仏がピンク色の派手なシャツをまとっているように見えてきた…。

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって、不穏な日々が続いている日本。お茶目な大仏の姿に元気付けられますね!

    投稿者さんは、ほかにも大仏や美しい風景を中心にいろいろな写真を公開しています。気になる人は見てみてくださいね

    Instagram_deepsky


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    @_deepskyy


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【『パリピになった大仏』にネットざわつく 「DJやってそう」「めっちゃ笑った」】の続きを読む

    このページのトップヘ