流行・話題etcのblog

流行している、しそうな事や物などの記事を載せていきます。 また、世界や国内で話題になっていることなどをを載せていきます。


    台湾全土に店舗を持つドリンクスタンドチェーン店「CoCo都可」。日本にも進出していますが、台湾の店舗には日本にはないメニューがたくさんあります。今回筆者が注文したのは、毎年期間限定で登場する「酪梨布丁牛奶(アボカドプリンミルク)」です。アボカドミルクプリンだなんて、不思議な組み合わせ!ですが、日本の自宅でも再現できそうだなぁと思いました。

    台湾CoCo都可で新登場のアボカドドリンクは2種類


    台湾CoCo都可では、コンスタントに季節限定ドリンクが発売されます。この夏もマンゴーパイナップルなど、台湾ならではなフルーツドリンクが登場しました。

    7月下旬に登場したのは、アボカドドリンク2種類。ひとつは「酪梨布丁牛奶(アボカドプリンミルク)」、もうひとつは「酪梨百香果昔(アボカドパッションフルーツスムージー)」です。

    アボカドを使った料理と聞くと、筆者はまずサラダパスタが思い浮かぶのですが、アボカドドリンクにして飲んだことはありませんでした。アボカドプリンパッションフルーツを加えるって、いったいどんな味なんだろう?とすごく気になる!



    そこで今回は、アボカドプリンミルクを注文してみました。価格は75元(約300円)です。ドリンクの底にプリンがたっぷり入っているのが見て取れます。
    サイズはMサイズのみ
    台湾CoCo都可でドリンクを買ったことがある方であれば、ご存じかもしれませんが、台湾CoCo都可のドリンクカップはLサイズが主流です。でも台湾では乳製品が高いからか、粉ミルクではなく牛乳が入ったドリンクは、Mサイズカップのみでの提供ということがあります。今回のアボカドプリンミルクもMサイズみでした。



    今回一緒に買った「奶茶三兄弟(ミルクティー3兄弟)」というLサイズドリンクと比べてみると、大きさの差は顕著です。でも日本から来られた方であれば、このくらいの大きさがちょうどよいと感じられるかもしれません。


    アボカドプリンミルクのお味は?


    では、さっそくいただいてみます。



    まず、ひとくち飲んだ瞬間に感じたのは、アボカドの濃厚さ。アボカドのとろりとしたやわらかさにミルクのまろやかさ、続いてプリンぷるぷる感が飛び込んできます。やさしい甘さで、アボカドってスイーツとしても楽しめるんだなと、これまで抱いていたアボカドイメージが変わりました。

    この組み合わせは、きっと台湾ならではだと思うのですが、材料は日本でもそろえられるものばかり。ドリンクカッププリンを入れてアボカドミルクを注ぎ、ガムシロップを少し加えてまぜれば完成!

    現在は台湾旅行を計画するのは難しいですが「アボカドプリンミルクっていったいどんな味なんだろう?」と気になった方は、ぜひ自宅で試してみてはいかがでしょうか。
    CoCo都可(台湾)
    公式ホームページ:https://www.coco-tea.com/
    [All photos by Yui Imai]
    Do not use images without permission.

    アボカドプリンミルク


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【台湾】「CoCo都可」の新ドリンクはアボカドプリンミルク!自宅でも再現できそう?】の続きを読む


     人気アニメ呪術廻戦』の映画『劇場版 呪術廻戦 0』(12月24日)の公式サイトが29日に更新され、30日午前0時に向けた謎のカウントダウンスタートし、ネット上で騒然となっている。

    【画像・動画】新キャスト発表? 謎のカウントダウンが始まった『呪術廻戦』公式

     29日午後6時になるとティザービジュアル上にカウントダウンスタート。公式ツイッターでは「2021年7月30日午前0時」とだけ伝えられており、詳細は不明となっている。

     新情報が発表されるものだと見られ、ネット上では「楽しみにしています!」「なんかでてる~」「え、映画の予告(乙骨声優あり)とかですか?え、しんどい」「新映像かな?」「まじか! きょう寝られないじゃん」「新キャスト発表だろ」などとさまざまな声で盛り上がっている。

     『呪術廻戦』は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の同名漫画が原作で、ある強力な「呪物」の封印が解かれたことで、高校生虎杖悠仁が、呪いをめぐる戦いの世界へと足を踏み入れるダークファンタジーテレビアニメが今年3月まで放送され大人気を博し、5月31日には原作の累計発行部数が5000万部を突破した。

     『劇場版 呪術廻戦 0』は、『呪術廻戦』の前日譚であり、原作漫画の連載前に芥見下々氏が短期集中連載として描き下ろした「東京都立呪術高等専門学校」を映画化したもの。「0巻」として単行本化もされ、単巻コミックスとしては異例の大ヒットを記録するなど、ファンからの支持も非常に高いエピソードとなっている。

    『劇場版 呪術廻戦 0』ティザービジュアル (C)2021 「劇場版 呪術廻戦 0 」製作委員会 (C)芥見下々/集英社


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【『呪術廻戦』公式サイトに謎のカウントダウンで騒然 30日午前0時に向け…新キャスト?映像?発表か】の続きを読む


     スマートフォンで撮影する被写体の1位は「メモの代わり、記録用」(48.6%)――そんな結果が、インターネット調査を手掛けるマイボイスコム(東京都千代田区)の調査で分かった。

    【スマホで撮っている写真ランキング】

     被写体の2位は「風景:自然」(40.5%)、3位は「食べ物、飲み物」(35.2%)、4位は「家族、子ども」(34.1%)、5位は「風景:街並み」(29.8%)という結果に。女性は食べ物や飲み物を撮影する傾向が強かった。また、若年層は「自撮り:自分とその他の人」の比率が高かった。

     直近1年間にスマホで写真を撮影した頻度は、「ほぼ毎日」が5.2%、「週に4~5回」が6.6%、「週に2~3回」が15.9%、「週に1回」が17.3%、月に2~3回が23.2%だった。ボリュームゾーンは「月に2~3回」で、週に1回以上撮影する人の割合は45%だった。

     直近1年間にスマホで動画を撮ったことがある人は5割だった。マイボイスコムは同様の調査を過去に何度か行っているが、2016年以降に増加傾向が顕著になっている。また、スマホを購入する際にカメラの性能を重視する人は、スマホ所有者の4割強を占めた。

     スマホカメラについて不満・困ることを聞くと、「テレビなどの一瞬画面に出た情報をメモ撮影しようとしてもカメラの起動が遅く間に合わない」(24歳男性)、「使い方がネットで調べないと分からない。略語とか英語とかやめてほしい」(49歳男性)、「静止画を撮ろうとして操作すると、間違って動画に切り替わってしまうことがある。操作が分かりにくい」(60歳男性)、「ズームをすると手ブレしてあまりきれいに撮れない」(24歳女性)、「指やスマホケースが写ってしまう。持ちづらい」(38歳女性)といった声が寄せられた。

     今回の調査は、7月1~5日にインターネット上で実施。1万8人から回答を得た。

    どんな写真を撮っているの?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【スマホで撮る写真 「風景」や「食べ物」を抑えて1位になったのは?】の続きを読む

    このページのトップヘ